正しい洗髪

サイエ式の【正しい洗髪の仕方】

まずは、十分なお湯でよくすすいでください。
(熱すぎないお湯で30秒から1分)
一度目、シャンプー剤を500円玉ほど手に取り、
髪の摩擦で泡立ててください。

 

十分なお湯でよくすすいでください。

 

一度目のシャンプーの泡を軽く流します。

 

一度目、髪の摩擦で泡立ててください。

 

2度目、シャンプー剤を500円玉ほど手に取り、髪の摩擦でよく
泡立ててください。
※※指の腹でゴシゴシとしない様に、手のひらで泡をなじませる感覚で洗いましょう。

 

泡立てたまま湯船に浸かる

 

 

泡立て後、美容室などでは「指の腹で洗ってください」と言われると思いますが、
それでも洗いムラが必ず出ますので、手のひら全体を使いながら
泡を頭皮になじませるように丁寧になじませてください。

 

お顔と頭皮はつながっています。
お顔を洗う際、指の腹でゴシゴシと洗いますか?
むしろ、手のひら全体で 泡をなじませるように優しく洗うハズです。

 

頭皮も同じなのです。ゴシゴシと擦る必要は全くありません。
ですから、先の鋭い洗髪用ブラシは、
頭皮を傷つけているだけにすぎませんので、使用しないでください。

 

できれば、泡立てた状態のまま時間を置くと良いです。
(そのまま湯船につかってしまいます。要するに、体を洗った後など一番最後に流すことをお薦め致します。)
そして、流しすぎない程度で、すすぎを終えてください。
ジザニアリンスを頭皮にすりこみます。

 

地肌にしっかりとなじませてください。
このジザニアリンスは、どちらかと言うと髪のためのリンスというよりも、
【頭皮を保湿する地肌用のリンス】です。

 

頭皮にリンスを使うのは抵抗を感じる方も多いと思います。
是非一度、地肌になじませてみてください。
乾燥肌の方は、痒みが治まるでしょうし、
脂性の方も過剰な脂分の分泌が治まることと思います。

 

また、髪にツヤが出て、髪がまとまりやすくなります。
リンスはシャンプーほど時間を置く必要はありません。

さっと流して終了です。
流したお湯が体全体の保湿も促してくれるので、一石二鳥です。

 

 

教材の公式サイトはこちら⇒ 【サイエ式】女性の育毛発毛プログラム