育毛で避けるべきこと

育毛で避けるべきこと

 

育毛で避けるべきこと

 

頭皮を叩いては駄目

 

昔、頭皮をゴツゴツ叩く方法がはやりましたが、これはハゲを進行させる非常に悪い行為です。
ゴツゴツ頭皮を叩くことで血行がよくなるどころか、逆に頭部に厚みが増し
頭皮自体が固くなり毛髪が生えてきにくくなります。
ひどい場合には頭皮下の毛細血管を痛め二度と発毛しなくなる可能性もあります。

 

頭皮を触るのは、洗髪時に指の腹でやさしく洗うときか、
洗髪前に軽く指をなでるようにして短時間で行うマッサージだけにしましよう。
このマッサージの目的は頭皮にこぴりつき固まった皮脂を柔らかくすることです。
時間にしたら10秒程度。それ以上のマッサージは頭皮への刺激が強いのでやめましよう。

 

毛穴に詰まった皮脂もマつサージで柔らかくすることによって洗髪効果を高めます。

 

マッサージをする目的とは何か?

 

血行をよくするためだけではないのです。
またマッサージは悪いとする情報発信源もあるようですが、それは悪いいマッサージの方法によるもので、
一概にマッサージは何でもかんでも悪いということではありません。

 

頭皮下の血行を良くすることで育毛を助けます。気をつけてほしいことがあります。
マッサージをする際は、必ず清潔な指先でマッサージを行って下さい。
汚れた指でマッサージをし、頭皮に汚れが移転してしまっては本末転倒。
育毛を阻害する要因を自ら作ることになります。

 

ドライヤーの使用

 

ドライヤーを長時間当てていませんか?頭皮から充分に遠ざけて使用していますか?
ドライヤーは基本的に送風モードだけで行います。熱風を長時間当てますと、水分を含んだ髪は沸点に達し破裂することがあります。
このとき既に髪の中の水分が沸点に達し、破裂しているのです。ドライヤーは乾燥肌をつくりますが、乾燥肌{ま充分な湿度が無いため、フケを生みます。
フケが増えればかゆみも増して引っ掻きます。ドライヤーの使用をやめると、これは激減します。

 

ヘアクリーム、ローション、スタイリングジェル、スプレーの使用。

 

これらは頭皮に絶対につかないようにしましょう。出来れば使わないことがベストです。
どうしても使用する場合、なるべく必要最低限の量を使用し、決して頭皮に触れることのないようにしましよう。

 

水泳後

 

プールで泳いだ後は、すぐさまシャワーで頭髪を洗いましょう。プールの水には塩素が多量に含まれています。
塩素は毛髪と頭皮に深刻なダメージを与えます。

 

日光浴

 

過度の日光浴は頭髪を痛めます。強風にさらすのも同様です。

 

帽子の着用

 

きつい帽子をかぶるのはやめましょう。きつい帽子をかぶることで頭皮下の血液循環が悪化します。
すると当然ながら毛根に栄養分が行き渡らなくなります。また必ず帽子は定期的に洗いましよう。
汚れた帽子を着用すると、汚れが頭皮に付着し、炎症を引き起こす原因になります。